西村旅館 of 一般社団法人 四万十町観光協会

 西村旅館

西村旅館前景.jpg西村旅館内装.jpg

四万十町下津井は、四万十川本流から支流梼原川沿いをおよそ30分。津賀ダムが近くにあり、湖畔周辺では初夏に遊覧船などで蛍鑑賞ができます。また、四万十町の鳥であり、高知県の鳥でもある『ヤイロチョウ』が飛来した記録が残るほど自然が残っています。またこの土地では、一年を通して食材の豊富な下津井地区として四季折々のお料理が楽しめることが有名で、鮎はもちろん、秋には松茸や猪など、地域ならではの珍しい料理が並ぶこともあります。
お宿の近くには、かつて林業の盛んだった大正地区の名残として、山から材木を切り出すために作られた鉄道の軌道跡が残り、今では写真家が訪れる景勝地として『めがね橋』と呼ばれる歴史ある風景が広がります。
また、毎年11月15日には『仁井田神社秋季大祭』が行われ、境内の中では、神官の舞いや、花取り踊り、牛鬼と呼ばれる山車が地域の家々を回り、悪魔祓いを行う風習も残っています。

【お宿情報】
●種類:旅館
●住所:〒786-0315 高知県高岡郡四万十町下津井703
●連絡先:TEL 0880-27-5008 FAX0880-27-5009
●料金:1泊2食付・6,500円/1人(税込) 1泊夕食付・6,000円/1人(税込)  素泊まり・4,500円
●駐車場:8台
●定休日:無休
●アクセス:JR大正駅より車でおよそ30分 JR土佐大正駅より北幡観光下津井温泉行きでおよそ35分

牛鬼.jpg

仁井田神社秋季大祭(牛鬼)

毎年11月15日には『仁井田神社秋季大祭』が行われ、境内の中では、神官の舞いや、花取り踊り、牛鬼と呼ばれる山車が地域の家々を回り、悪魔祓いを行う風習も残っています。

蛍遊覧船.jpg

蛍遊覧船<初夏>

毎年6月上旬~下旬頃までのホタルが飛び交うこの時期には、地元漁師さんが「ホタル遊覧船」を運航しています。四万十町下津井地区は、四万十川の上流~中流域にあたり、ダム湖(津賀ダム)に面しているため、気象条件が良ければホタルが飛び交う幻想的な光景が見られます。ダム湖の遊覧船に揺られながらのホタル見物は人気です。

眼鏡橋.jpg

下津井めがね橋

かつて林業の盛んだった大正地区から材木を切り出すために作られ、今では写真家の訪れる景勝地として『めがね橋』と呼ばれる歴史ある風景が残ります。