製品紹介 ~安来鋼

安来白紙1号

包丁や大工道具に使用されている鋼には、白紙・青紙・銀紙など名前が付いています。

これはすべて、安来鋼(ヤスキハガネ)の一種です。

安来鋼(ヤスキハガネ)というのは、日立金属(株)が開発した鋼の一種です。

たくさんある鋼の中の一種【安来鋼】
  └┬白紙鋼 (主に高級刃物に。熟練職人の手にかかれば他の鋼に負けません!)
   ├青紙鋼 (主に高級刃物に。白紙鋼よりも硬く、粘り強い)
   └銀紙鋼 (主に家庭用。錆びにくい)

ヤスキという地名がついているのは、かつて中国山地で採れる純度の高い砂鉄から「たたら製法」で玉鋼に洗練されていたことに遡ります。
その伝統を受け継いで、日立金属(株)が安来工場を創設し、鋼を造り始めたことによります。

「白紙とか青紙とかの名前の違いって?」

白紙・青紙・銀紙という名称は、日立金属(株)ができあがった鋼を区別するために白い紙、青い紙を目印につけました。
それが鋼の名前の由来なっています。

鋼自体が白っぽいとか青味がかっているとかではありません。

「それぞれの特徴は?」

■白紙鋼
・高級刃物に使用される鋼です
・天然砥石で鋭利な刃が付きます
・砂鉄系の原料でできています。
・合金成分が含まれていないので、鍛冶職人の技量の優劣が出てしまいます。
 熟練した鍛冶職人の手にかかれば、他の鋼に負けない硬度と粘り強さが得られ、切れ味の良い優れた包丁になります。

■青紙鋼
・高級刃物に使用される鋼です
・白紙にクローム(靭性・焼入性に関与)とタングステン(耐摩耗性に関与)と炭素の化合物が含まれています。
・白紙よりも鋼自体の硬度が高く、粘り強さも持っています
・磨耗しにくく長切れします

■銀紙鋼
・家庭用包丁によく使われる鋼です
・クローム(靭性・焼入性に関与)を多量に加えたステンレス鋼です
・錆びにくいです

「1号とか2号とか何のこと?」

青紙1号、白紙2号等々ありますが、この号数は炭素の含有率の違いです。
炭素が多いほうから1号、2号、3号と付いています。(銀紙系は除きます)
炭素が多いほど硬く、欠けやすくなります。

以上、かんたんに安来鋼の説明をさせていただきました。


職人さんによって扱いやすい鋼は違います。

鋼にもいろいろ個性があるように、鍛冶職人さんにも個性があります。腕の差もあります。

ですので、青紙鋼の刃物のほうが白紙鋼の刃物より、あるいは白紙鋼の刃物のほうが青紙鋼の刃物より「良いもの」とはいえませんし、どれが一番!ともいえません。

家庭用や釣りに持っていくのなら錆びにくい銀紙やステンレス。

本物の切れ味を求められるなら白紙や青紙、という風に、使用用途やご予算、好みとご相談してお選びください。

引用元 http://www.rakuten.ne.jp/gold/honmamon-r/faq/hagane_01.html