製品豆知識~銀三鋼

安来鋼銀3ステンレス

和包丁に適する銀三鋼
クロムが11%以上入っている鋼をステンレス鋼と呼びまして、その大きな特徴がサビに強い事
(絶対に錆びないわけではない)

このステンレスの包丁で和包丁に最も適していると思われますのが日立の安来鋼「銀三」ではないでしょうか。安来鋼(ヤスキハガネ)と言えば青紙や白紙を作っている日本古来の「たたら製鉄」の流れをくむ純日本鋼の元締めみたいなもの。従って和に適したステン鋼がここで誕生したのは当然かも知れませんね。
安来鋼ですので他の和鋼材と同様に銀系も通常「紙」と呼ばれます。
「銀紙」ですな。
錆びに強い銀紙1号や多用途向けの銀紙5号などありますけども、包丁に一番適した銀紙は「銀紙3号」です。通称「ギンサン」
硬度は60前後と炭素系和包丁と同じくらいにしてありますので、ステン独特の「研ぎにくさ」が緩和されてまして、ステンレス包丁としては非常に研ぎやすいと思います。刃が付きやすいのですよ。このへんもプロに好まれる理由の一つでしょうか。

銀三はなぜ和包丁に向くのか

普通、ステンレス包丁ってやつは鋼板を型抜きして作りますけども、この銀三包丁はなんと「手打ち」が可能で、鋼を打って鍛えることができます。つまり「鍛造」できるステン鋼なんですよ。
和食関係の職人に最も多用されているステン包丁もおそらく銀三になると思います。ですので、切れ味については語る必要もないでしょう。

引用元 http://temaeitamae.jp/top/t4/a/95.html

斧に刻まれた線は何なのか

斧やはつりには片面に三条、もう片面には四条の刻みがあります。
これは七つ目といわれている刻みです。
七つ目は、魔よけのために彫刻するもので七つ目を彫刻していない斧はセンジキ(調状や祈祷を意味する行事)を施さなくてはならないと言われています。

七つ目の数は斧やはつりには条件充足の聖数となり山仕事の中に、神聖を伴い汚れの中におくことの不注意や道具を紛失した時に祟りを呼ぶかもしれないという恐れのために六代までの鍛冶師は、人口の呪術として、三条側に一条の斜線を加えて聖数の条件を消す作業や、三条の中の一条を長くし長さを変え(七つ目を不完全にする)祟りを封じるしきたりがあります。

そして、七代続いた鍛冶師は七つ目を不完全にするのではなく、七つ目を切ることが許されます。

七つ目の由来は家事の元祖天目一箇神の三種の神器のひとつ。
天皇の持つ武力の象徴である「 天業雲剣 (アメノムラクモノツルギ」を作るときに始まると言われています。
この神より七代後、地神の世となって子孫に伝え、「天神七代を型取り」七つ目、を呼んで今日に及んだものとされています。