フィギュア列伝

海洋堂ホビー館四万十7周年×北斗の拳35周年記念特別展
北斗の拳フィギュア列伝


開催期間 2019年3月9日(土)~6月3日(月)
     午前10時~午後6時(最終入館は5時30分)

休館日  毎週火曜 ※GW期間中(4/27~56)は無休

開催場所 海洋堂ホビー館四万十 企画展示室

入館料  高校生以上800円 小中学生400円 ※小学生未満は無料
 大人気漫画「北斗の拳」は、日本のフィギュア文化や海洋堂の歴史を語る上で欠かすことのできない作品です。

連載開始の1983年は日本のガレージキット(フィギュア)文化が確立した頃でもあり、当時、プラモデル屋からガレージキットメーカーへの転換期を迎えていた海洋堂も、「北斗の拳」の連載中から現在まで様々なキャラクターをフィギュアにして世に送り出し続けてきました。

そのバリエーションの多さは海洋堂のキャラクターフィギュアの中でも随一で、特に1998年に発売した可動フィギュアは、日本のフィギュア界の方向性を決定づけるほどの衝撃作となりました。

「北斗の拳フィギュア列伝」は、北斗の拳35周年と海洋堂ホビー館開館7周年を記念して開催する、「北斗の拳」とともに海洋堂フィギュアの歴史をたどる展示会です。

▲『北斗の拳』35周年特設サイトはこちらをクリック▲ ©武論尊・原哲夫/NSP 1983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です