四万十川では鮎釣り解禁

アユの竿釣りが解禁になりました

四万十町では5月15日より、アユの竿釣りが解禁になりました。

竿釣りが解禁になりました。

四万十川の上流には早速鮎釣りを楽しむ方の車で溢れていました。

皆さんもうどのスポットが釣りやすいのか分かっているようです。この日は、松葉川温泉へ向かう橋の下に集いました。

友釣りという釣り方がとにかく面白いそうです。

友釣りというのは、アユを釣るための技法の一つで、アユの縄張り行動を利用したものです。

アユは縄張り意識の強い魚なので、縄張りに侵入してきたアユ(おとり)に
攻撃するのですが、そこを捕まえるという駆け引きが楽しいようです。

友釣りについての詳しい情報は以下サイトでまとめてくれています

【イラスト入り】アユ友釣り入門講座(準備編) 道具、仕掛け、釣る場所、ルールを覚えよう!


地元の方曰く、上流の松葉川温泉からの流れと合流するところは、岩も苔も多いのでアユが獲れる。

よくポイントを見極めて、竿を垂らします

ということで、暑い中友釣りを楽しんでいました。

皆さんよっぽど楽しいのでしょう。お昼時になっても休憩に入ることなく、釣り場を変えたりしながら鮎との駆け引きを楽しんでいました。

マナーを守って鮎漁を楽しんで

解禁になったばかりなので、鮎はまだまだ小ぶりだそうですが、四万十川では良質の苔を食べた鮎が多いため、質が良いそうです。

だから四万十川上流~中流では、シーズンに入ると県外ナンバーの車だろうがお構いなしに川沿いへ駐車して、鮎の友釣りを楽しむそうです。

大正地区では県外ナンバーの車も増えてきます

実際に6月くらいに大正地区の方へ行くと関西からの車が川沿いに駐車しているのを見かけることが多いです。

あゆ漁をはじめとした四万十川で遊漁を楽しまれる方へ【2019年~】

2018.06.07
この「友釣り」の面白さを知っている人はその魅力に取りつかれているようです。

また、今では「はえ縄」をしなくなったので、天然ウナギも多く生息しているとの事。勿論ナマズも。

四万十川は川の幸の宝庫ですね。

これから沢山の人が鮎釣りに四万十川を訪れると思いますが、ルールを守って楽しんでいただきたいですね。

詳しくは、四万十川上流淡水漁業協同組合へ

駐車のマナーや遊漁券の事などは以下の記事を参考にしてください。

あゆ漁をはじめとした四万十川で遊漁を楽しまれる方へ【2019年~】

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 〒786-0013 高知県高岡郡四万十町琴平町1-1 shimanto-town.net 2013年4月に登録