創作人形展 ~昭和の懐かしい風景を~

創作人形展

10月24日(木)から27日(日)の期間、四万十町家地川 家地川小学校にて創作人形展が行われました。

ただの人形展にあらず、『昭和の懐かしい風景』を描いた人形展という事で、昭和を生きた年配の方がたくさん訪れました。

皆さん昔を懐かしんで楽しい時間を過ごされたと思います。

そんな心温まる制作を、遠目からなら撮影の許可を頂いたので、少しご紹介させていただきます。
展示品のクオリティは非常に高く、その証拠として風景と一緒に撮影した写真やポストカードは一見本当の写真と見分けがつかない程でした。


渡部美智子さんの人形作家としての熟練度の高さがうかがえます。

最後に渡部さんのメッセージを引用させていただきます。


昭和27年生まれの私。

段々、昭和時代が遠くなる、そう感じる日々。

その時代は、物質的には豊かではなかったけど、人のやさしさ、家族の絆、温かさは、今の時代よりあったように思います。

私の記憶があるうちに、体験したことや周りの身内から聞いた話をイメージし、お人形作りを通して残していきたいと思いました。

ご覧いただいた方々が、優し笑顔で帰っていかれる、それを励みにこれからも制作に取り組んでいきたいと思っております。

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 〒786-0013 高知県高岡郡四万十町琴平町1-1 shimanto-town.net 2013年4月に登録