淡水漁協組合より今が旬の鮎をお届け中!

今が旬!清流でしか育たない、美しい姿と豊潤の味をどうぞ

四万十川では鮎漁をたのしまれている方が非常に多いです。

関西方面から泊まり込みでわざわざやってくるお客さんも実際にいるくらいなので、“四万十川の鮎”がいかに優秀なのかが理解いただけると思います。

釣り人曰く、「四万十町の岩に生える藻の質が良く、そんな良質の藻を食べて育っているので肉質が他の川で捕れる鮎と違う!だからわざわざここまで釣りに来てるんだ。あと「おとり鮎漁」がとにかく面白いんだ!」と語ってくれました。


そんな四万十町の鮎。

四万十川上流淡水漁協組合に所属している川漁師のみなさんが現在竿漁、投げ網漁、火振り漁をして獲れた鮎を取り扱っています。

鮎の火振り漁の様子

その中でも竿漁で獲れた状態のよい鮎を「ふるさとチョイス」の返礼品として氷詰めの状態で梱包し、冷蔵便にて届けています。

希少価値の高い四万十川の鮎…

先程の釣り人の方の話が嘘ではないというのを実感頂けると思いますので、是非四万十町が誇る清流の幸を覗いてみて下さい。

~引用~
 清流四万十川の流域の人々は、夏には鮎を中心とする川漁を通して自然に親しみ共に暮らしてきました。
梅雨の時期を迎えると、時に大雨をもたらし清らかな流れも増水し、岩を咬む激流となります。
その過酷な流れを克服して成長した四万十川の鮎は、その美しい姿と肉質の締りの良さで、天下の一級品として各方面より高く評価をいただいております。

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録