子どもから大人まで自然と共に「第44回 四万十川まつり」

今年度は、ふるさと交流センターで開催!

2018年8月14日に行われた「第44回 四万十川まつり」。

今回の会場は昭和にある『川遊び公園 ふるさと交流センター』が舞台です。

「四万十川まつり」開会式前の様子

駐車場は昭和小学校のグラウンドを使って対応。

花火大会が近づくにつれて広いグラウンドは車でいっぱいになりました

こいのぼり公園の時と変わらず沢山の人で賑わった一日となりました。

会場は川沿いにステージを設置したレイアウト

“地産地消”の体験イベント&大道芸パフォーマンス

今回の催し物も魅力的なものが沢山ありました。

まずは開会式の前に行われた「あめごのつかみどり」

これは毎年行われているイベントですが、非常に人気が高く、地域が誇るイベントでもあります。

子ども達のみの参加でしたが、子ども達の表情がとても輝いていて、こういう清流四万十町ならではの催物をもっとPRしていきたいと感じました。

大人の声援とヤジ(?)も入り混じる大変熱いイベントです!

端っこの方に追い詰めて捕まえるなど、コツがわかった子ども達はどんどんアメゴを獲っては親の待ち構えるビニール袋に入れていきます。
とにかく子ども達の表情が良かった。

最後誇らしげにつかまえたアメゴを見せてくれました。TVゲームよりもこっちの方がずっと面白いですよね。

※写真撮影の許可を頂いています。

その後は、松葉川健一さんの大道芸パフォーマンスが行われました。

今回は風が強くてジャグリングのような宙に上げるパフォーマンスがやや難しかったと思いますが、始めてみる子ども達や町外の方がステージに集まってきて、徐々に人でいっぱいになりました。

四万十町の地域おこし協力隊でもある、松葉川健一さんはこの後も様々なイベントで大道芸を披露してくれます。

まだ見たことないという方は、お見逃しなく!

四万夢多演舞で徐々にヒートアップ

四万十町を代表するよさこいチーム『四万夢多』もこの日は精鋭を引き連れて演舞を披露しに来てくれました。

力強い旗と共に舞う姿…

振り向けばステージには沢山の人。

大勢のお客様が演舞に見入ってました。

『四万夢多』の演舞は、踊りも歌詞も四万十町を愛する想いが詰まったすばらしいものでした。

素晴らしい舞と共に会場の熱気は上がり、この後の花火大会へと続いていくわけです。

これからも変わらぬ清流と共に

四万十川で行われる「四万十川まつり」ももう44回を数えます。

毎年この季節になると町内外問わず沢山の方が観光や帰省で賑わいます。

そんな皆さんにも、昔から変わらず続く清流の魅力に足を止めて感じてもらいたいですね。

天候の影響で灯籠流しは行われませんでしたが、これからも四万十川に会いに沢山の人に来てもらいたいです。
スタッフの皆さんも、お疲れ様でした。