夏の思い出には是非「ブルーベリー収穫体験」

家族や友達と体験できるスポット

期間は主に6月初旬から8月くらいまでになりますが、親子、友人たちと自然体験をするのに絶好のポイントがあります。

道の駅「あぐり窪川」から高知市方面へ車で10分の所になります。

この場所から線路沿いに向かって歩いてすぐ

四万十町の影野にある『サンビレッジ四万十』

▲サイトは画像をクリックすると移動します

今回はここで夏季ににぎわうブルーベリー収穫体験を取材してきました。

来年以降に「体験してみたい!」と考えている方のために、今回の記事が参考になれば幸いです。

露天のブルーベリー畑

目印となる「仁井田のりん家」から線路側に向かって歩いていった先に、ブルーベリー園はあります。

オーナーがエリア毎に時期に分けて管理しているので、収穫できるスペースをきちんと作ってあります。

行ってみると、先約が居ました。

四万十町長の中尾さん。

このスポット(サンビレッジ四万十)には、よく行くそうです。

そして、すでに園内では関東方面からお越しの参加者が収穫を楽しんでいました。

観光客の女性と一緒に撮影。いやいや両手に花束です。

是非女性にも気軽に収穫の体験が出来るというモデルになっていただきたいと感じ、撮影の許可を頂きました。

写真を撮らせて頂いたのですが、いやいや皆さん“撮られ方”を心得ているというか…
カメラを向けると本当に素敵な表情(with ブルーベリー)をしてくれます。語弊無いように、カメラ向けていな時も素敵ですよ。
来年のPRに使わせていただきます!

色んな種類と収穫のコツなども楽しみながら

園内には休憩用のテントとテーブル、いすが準備されていて、ある程度収穫が終わったらテーブルに腰掛けて試食タイム。

冷たい水に浸しておいて、食べ比べしてみると、どれが甘いかなどが分かってきます。
風が通る園内ですが、日差しは強いです。でも、より甘いブルーベリー収穫にもうひと奮起。

収穫体験は子どもにとっても宝物の思い出

関東の参加者が別のスポットへ行くため移動されて、程なくして、2~3グループやってきました。

後姿なら写真OKのこの方達はリピーターの方で、もう何度かここへ収穫体験に足を運んでいるそうです。

リピーターの方々。ブルーベリーの“目利き”は慣れたものです。

その後にやってきたグループ。今度は四万十市と宇和島方面からの親子連れ。町外の体験客です。

まずは、仮設テントで簡単な説明と受付を済ませます。

入園手続きが終わると、いざ園内へと入っていきます。

子ども達の反応が、最初はじーっと見渡しているだけだったものの、大人たちが実を千切って口に入れている様を見ると、すぐにまねるようになってきました。
でもはじめは手当たり次第なので、すっぱかったようです。
でも大人たちが甘い部分を摘み取ってくれました。
こんな感じでただ実を収穫するだけでないし、皆で味を共有でたり、親子で楽しむ事ができるブルーベリー収穫体験は非常に魅力的だと感じます。

四万十町の魅力ある体験スポットとしてどんどん広がっていってほしいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録