四万十町の町を見守り続けてきた「悟飯」

17時からスタートの飲食店

四万十町の商店街は、夏の夜市などは盛り上がるのですが、店舗も少なくなり昔と比べて寂しくなってしまったという声が聞こえます。

それでも昔からある老舗や新しくOPENした飲食店等、町で根付き頑張っています。

「昔は良かった」という過去形で終わらせないために、今しっかり町の明かりを灯しています。

そんな地域で運営している四万十町の街並みを見守り続けてきた飲食店『悟飯』に今回はお邪魔しました。

この商店街の片隅に

このお店、実は商店街入り口で営業をしていたのですが、今年よりこちらに移転してきました。

中央商店街を西に向かって少し外れたくらいの所に、お店の看板は有ります。

そしてお店は二階。

二階にあるとはいえ、本当に一人でも気軽に行ける所ですので問題ないです。

中に入ると、座敷とカウンターの席がそれぞれあります。

少人数の打ち上げや宴会では使えそうです。

カウンター席ではお酒とおつまみを出してくれたりするので、二次会や少人数でじっくりう話をしたい時などは良いかもしれません。

もちろん1人で利用もOK。

テレビを見ながら楽しむカウンター席の他に、座敷の席が2部屋。打ち上げや集会などで使えそうですね。

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録