来場者で溢れた『志和ふるさと祭り』

町内外を問わず遠方からも車の列

12月3日(日曜日)志和ふるさと祭りが行われました。

▼祭りの全体マップです。

▼前日から地域住民の皆さんと、地域おこし協力隊や企画課の皆さんで準備してきました。

▼魚介類だけでなく色んな屋台も出店していました。

昨年(2016年)は雨だったのですが、今年は天候にも恵まれ沢山の来場者で賑わいました。

とにかくイベント開始の時間(10時)を待たずして我先にと車が駐車場に入ってくるのです。ナンバーを確認すると四万十町内外問わず、遠方からの車も多かったです。

皆さん一体何を目当てにやってくるかというと…

これです!

新鮮そのものの伊勢海老汁が500円という破格で味わえるのです。
▼この生きた伊勢海老がそのまま使われるのです。

海老汁にするのがもったいないくらい新鮮です

これはもう誰が何と言おうが、味も値段もあり得ないくらいお得です!断言します!

ケーブルTVの方が、伊勢海老汁を食べているお客さんに「どこから来たか?」の取材をしていた時「岐阜県から」という方がいました。

岐阜県だったら三重県の伊勢に行った方が近い様なイメージがしたのですが、冷静に考えると新鮮さとお得感ならここには敵わないと思います。

予想通り…というか毎年なんですが、カメラに収まりきらないくらいの長蛇の列を成していました。

▼そしてお昼を待たずして完売です。

その他にも様々な屋台がやってきたお客さんの足を止めてました。

牡蠣や魚を浜辺でバーべキューできるサービスは、家族で盛り上がるのに持ってこい。海を眺めながらの海鮮料理は最高です。

▼写真は11時くらいの様子ですが、大勢の人で賑わいました。

▼浜焼きセットはすでに整えられています。

▼獲れたてで新鮮さは申し分なし!これをBBQ!!

獲れたてで刺身でも問題ないくらいの新鮮さ

▼新鮮な魚を食らうとなれば、美味しい酒は欠かせません。

▼焼き魚と熱燗に囲まれてご満悦の皆さん

▼刺身も新鮮さは抜群です!(これはヒダリマキの刺身)

海を見ながらというと、こちらも破格の値段遊覧船を楽しめるコーナーもあります。

船からの景色はまた格別です。

恐る恐る船に乗り込んだ子ども達も大満足、途中から大興奮でした。

志和で船に乗れたのは良い思い出になるんではないでしょうか?

イベントの最後は餅投げ。

毎年参加されている方は位置取りを分かっているのか、もう投げる10分以上前からこのように場所陣取っていました。(笑)

この志和ふるさと祭りは本当に破格で海の幸を味わえたり遊覧船で志和の海の景色を楽しんだりと魅力がいっぱいです。

売切れ必須の海老汁を求めてまた来年も再来年も沢山の方が遊びに来ると思います。

海の幸豊かな志和の魅力をまた味わいに遊びにきてください!

≪お知らせ≫
2018年度の 志和 薬師寺大祭は、2月/23日(金)になります。

時間は、10:00~15:00

ご本尊をご開帳して行われる厄払いの神事で、この神事の時も毎年沢山の方が厄除けに参拝されます。

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録