よさこい四万夢多(しまむた)2017年夏の軌跡

四万十町が好きながよ!

2017年、第64回よさこい祭りが行われました。

四万十町を代表する踊り子舞台「四万夢多」

精鋭ぞろいの皆さんもバスに乗り込み、今年は10日(木曜日)と11日(金曜日)、多数の裏方さんを引き連れて会場に向かいました。

市内はもう人でいっぱい。

よさこい祭りの期間は、高知市内ではホテルが全部満席になると言われているくらい人で溢れかえります。

そんな熱気を感じつつ、「四万夢多」もスタートしました。

▼11日のスタート地点 万々競技場付近から。みんなテンションMAXです。

熱い踊りはよさこい祭りの観客を魅了した!

いよいよ出発です。

熱さに負けず踊り子隊は勿論、スタッフも後に続きます。

スタッフは、踊り子隊達の荷物の管理や移動…

給水や休憩場までの案内など結構多彩です。
踊り子の中で体調崩した方は居ないか…とか、スタッフ一人一人ができる事をやって踊り子さん達をサポートします。

踊り子の後ろについて、“四万夢多うちわ”を配りながら歩くというのもあります。

踊りを終えたら移動~公園で休憩

演舞を終えたら、また次の演舞場へ移動~一旦休憩

だいたいこの流れで市内の演舞場を回っていきます。

▼時には円陣を組んでみんなで意識を一つに。

四万夢多の知名度は結構高く、“四万夢多うちわ”が欲しいと取りに来る方もいました。

どの演舞場でも情熱的でキレのある踊りを披露していたので、見に来てくれたお客さん達には抜群の印象を残せたと思います。

四万夢多の活動は色んなところで続いていく

暗くなってきて四万夢多の踊りもフィナーレに近づいてきました。

▼大手筋を力強く踊る四万夢多の踊り子隊に、観客からも大きな声援。

よさこい祭りでの四万夢多の演舞はこれで終わりましたが、四万十町内外で夏から秋にかけてイベントやお祭りは続くので、これからも何かと踊り子たち出動する予定です。花火大会の前によさこい踊りを披露するというケースが多いのでしょうか。

ということで、これからもまだまだ四万夢多は様々な場所で演舞を披露していく予定です。

ここ最近では、志和の花火大会や四万十川祭りで踊っていただきました。

秋になれば『台地まつり』で踊って頂けることと思います。

今年のよさこい祭りで、四万夢多の踊りを見逃した方は今後の演舞、是非チェックしてみてください。

なんにせよ、今年も四万十の町を愛する想いが伝わる素晴らしい演舞でした。

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録