四万十手仕事市へ行ってきました

四国から職人が四万十町に集った一日

5月5日、この日は四万十町緑林公園にて「四万十手仕事市」が行われました。

高知県だけでなく、愛媛・松山からなど結構遠方から出店者さんがやってきたので、かなり大規模な市になりました。

毎年恒例行事になっていて、この手仕事市を楽しみにされている方も多いこのイベント。

今回はそんな人気イベントの様子を皆さんにお伝えできればと思います。

ハンドメイドから変わった趣向まで様々

手作りの工芸品を売り出している即売会と思っていたのですが、そんな単純なイベントではないようです。

自分のオフィス、アトリエをきちんと持っている方や、他の障害を持つ団体さんとコラボした作品を出していたりと形態は様々です。

そんな出展団体の方と色々話をして交流を作っていくのもこういうイベントの醍醐味の一つではないかと感じました。

当然出店側もそういう事は考えているようで、商品以外にも名刺や活動のポストカードなどを提示していました。

▼工芸体験が出来る「アリス工房」も出店!

▼四万十町で活躍中の「おやつ工房 ある」も絶賛出店していました。

一真ごくうさんのあなたの目を見てインスピレーションで文字を書くパフォーマンスは大人気でした!

ここから…四万十町から…いろんな繋がりが出来ていけば素敵ですね。

色んなジャンルと世界観に触れる一日

そんな手仕事市にやってくるお客さんも様々です。

普段目にしない作品や自分に無い様な“感性”に触れてみたいと感じてやってくるのでしょうか?

モノづくりをする方(もちろん食べ物だって同じです)は独特の感性や世界観を持っています。普段テレビや仕事では触れることもない感性に触れて、自分のセンスを広げていきたいですね。

最後は出店者の様子をスライドショーでお楽しみください。

読んで頂き、ありがとうございました。今後参加する方の参考になれば幸いです。



※6月のSunday Marketは6月18日です。

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録