大正地区に根付くレストラン『古都』で一息

大正に根付くレストラン『古都』で一息

創業は昭和57年。四万十町大正地区で、昭和の時代から今も変わらず営業しているレストランがあります。

今回紹介させていただく「古都」です。

大正駅から徒歩圏内にあり、近所の学生も憩いの場所として利用されているようです。

大正地区の皆さんの憩いの場所としてはや35年

この地区の移り変わりと共に歩んできたお店として、お客様にゆっくりしていただくための工夫は毎日欠かしません。

そこがこのお店の魅力。

お米やお茶に心を込めて

お茶は四万十町のお茶3種を自宅で丁重に炒ったものを使っていて、食事が終わった絶妙のタイミングで煎れてくれます。


香りが非常に良いです。

そして、お米は仁井田米。

20年以上前からこのスタイルを続けているということで、それが地域にとっての憩いの場として定着しているようです。

道路が繋がり、なかなか大正駅前通りに車が回って来なくなった今ですが、来てくれたお客さんにゆっくりしていただければという想いは変わりません。

観光やイベントで訪れる方以外にも、大正地区に立ち寄った時には是非利用して頂きたいです。


▲こちらはチキン丼

ランチの他、モーニングもやってますので、利用用途は色々ありますよ。

静かなひとときをお過ごし下さい。

レストハウス 古都
お問合せ:0880-27-0177

営業時間:8:00~15:00
休 日:日曜日

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録