天狗高原 封鎖してます!

2014年1月15日(水)曇り
四国カルストの2基の風車の雪景色が、見たくて天狗高原まで上がってみました

秋の天狗高原
雪景色きっといいだろうなあ~って
「冬の天狗高原」のその2
天狗荘レストランのスタッフさんに聞いてみました
「風力発電の所までいけますかね」って(間違いなく行けると思っていました)
天狗荘のスタッフさん「封鎖してますよ!歩いてならいけますが・・・」
「およっ!(^v^)」
天狗荘のスタッフさん「冬季は危険なんでここを出たところで封鎖しています」

天狗荘のすぐ横

県道303号線方向に下りる道、封鎖されていました
ローダーで押されて作った雪の壁が・・・

雪の壁、高さ1m以上
かろうじて愛車が見える


遠くに雪をかぶった鳥形山が見えました

あきらめきれなかったんで風力発電の方に車を進めてみました
天狗荘を出てわずか100m位で雪の壁が・・・

あの山の向こうに風力発電の2基の風車があるんだが
そういえば、ガードレールがなかったような・・・

道路の横に牛さんの柵があったような?

天狗高原から下りて梼原町を通って帰ることにしました

梼原町上本村付近の沈下橋

橋脚の上に角材を乗せただけの簡単な沈下橋(流れ橋?)

梼原町後別当地区の沈下橋
石藪沈下橋

梼原町中古屋沈下橋
石藪沈下橋の下流

梼原町北川川の橋跡
マヤの神殿風


梼原町八百とどろ
抜水橋から見る八百とどろ
水が多い時は、迫力満点の激流が見えるんですが・・・
水がないんでチョロチョロの谷川となってます・・・(;一_一)

この後、梼原町松原から春分峠を通り、四万十町松葉川に抜けよう
春分峠から見える夕焼けは、どうよ!・・・と思ったんです
地元のレストランの方が「その車ならやめちょき、はっきり言って獣道ぜよ。普通に大正から帰った方がええぜよ」と助言してくれたんで…

もう夕暮れも近いし、遭難してからでは遅いと思いやめました。
今度、明るい時に挑戦してみようと思うとります(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 〒786-0013 高知県高岡郡四万十町琴平町1-1 shimanto-town.net 2013年4月に登録