ガイド研修 大山積神社~その2

12月6日(金)晴れだけど曇り

ガイド仲間4人と愛媛県今治市沖に浮かぶ大三島にガイド研修・視察&慰安旅行に行った編・・・その2

メンバーは…

事務局長M君 (彼のフェイスブックは、酒の肴とピンノがメインらしい)
T女史      (某J○のキャリアウーマン)
トンビ頭領   (ガイドの頭領、四万十町の生き字引)
M丸さん    (山歩きのスペシャリスト、全国の三角点の調査をしているとか)
おら       (普段は、某環境プラント会社の窯当番・お耳が少し遠い)

大三島の道の駅「御島(みしま)」にガイドさん到着

道の駅からガイドスタート
「あそこに見えるのが鷲が頭山です」
トンビ頭領が「わしがとうさん・・・」覚えやすいよね


大三島の案内
周囲70kmで瀬戸内海では、6番目に大きい島  おもな産業は、みかん


大山積神社 一の鳥居前で説明するガイドさん
大山積神社の境内には、クスノキが大小200本余りあり、幹回りが、1mを超える大木が38本
天然記念物となっている木もあるとか・・・

絵馬殿に奉納されている巨大絵馬?

大山積神社案内板

総門
両側に立つ像は、武者侍だった

天然記念物

ご神木(大楠:天然記念物)
樹齢3000年やら・・・
何度かの洪水を乗り越えて今も境内の真ん中にで~んっと立つ

手水舎
作法を教えてもらうM丸隊員
お姉さまガイドさん登場 (ガイドのない時は、みかん農家だそうだ)

奉納されたお酒群
土佐のお酒はなかった

宝物を展示した博物館横の小道
もう1カ月早ければきれいな紅葉が見れたかも・・・

小道に立つ美女(T女史)

宝物殿横の海事博物館
今治造船のプロペラがで~んっと
大正時代の掛け軸にも境内にプロペラがあったが、今治造船さん奉納だろうか
国宝が納められている宝物殿内は、すべて撮影禁止でした

帰りは、多々羅大橋横の道の駅でお買いものしました
今回案内してくれたガイドさんは、ボランティアガイド御島ガイドの会のメンバーさん
会員数:7名(男3名 女4名)

23年度ガイド実績 53回:1292名・・・・1回あたり200人以上
毎月1回研修会を実施している

ガイドさんどもありがとうございました

 写真提供  ©http://guide.travel.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録