四万十町 鏡の世界

こんにちは(^◇^)

抜けるような青空のひと時
田んぼに水が張られ、田植えから稲が元気に育ち始めるまでのすこし間、
鏡となって里山の景色を映す。
田んぼが鏡になっている時は短く、
風の神様がまだ寝ている時間だけの
風が吹き抜けるまでのひと時
全てのものを移しこんだ鏡は、
もうひとつ世界があるような錯覚さえ覚える
しかしたら、今いる世界が鏡の世界かもしれない
・・・・・てっへ!小学6年以来の詩を作ってみました。ちょっとつたなすぎ?(@_@;)

雨や風のある日は、当然鏡になりませんが、日差しが弱い曇りの日も鏡になりません。
ぼや~としてすりガラス越しに外の風景を見ているようです

また、稲が成長してくると水田が緑一色になるんで鏡の世界は消えてしまいます。
鏡になる条件ですが、朝の抜けるような青空が一番です(^O^)/
四万十町では、田植えが始まったばかりです。

もしかしたら 観光スポットに行く途中に鏡の世界に出合うかもしれません

こんな楽しみ方はいかがでしょうか? 


四万十町大井野 窪川の町方向を見ています
           中央の山には、戦国時代に山城がありました

四万十町大井野  大井野集落
         明治23年の大水害で四万十川沿いの旧大井野集落は全て流失しました
         現在の大井野集落は、山肌にへばりつくよう並んでいます

四万十町大井野  左端の丘陵地に戦国時代 お万伝説の「鵜の巣の城」がありました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録