窪川まち歩き・新コースモニターのご報告♪

こんばんは、ホコです。
お待たせしました、
先日、少しだけお伝えしていた、10月20日(土)に行われた新コースのまち歩きモニターの様子をレポートします!
当日は、土佐市や須崎市、梼原や大豊など県下各地からモニターさんにお越しいただき、実際に“昭和レトロなまち・窪川”を歩いてもらいました。
まずは、この日に間に合うようにmorimori副隊長(←写真左)が仕上げてくれた、まち歩きで使うイメージイラストを手に、記念撮影♪
2012_1020_092333-P1010236_20121029214544.jpg
写真では小さくて見えにくいかと思いますが、それぞれ何のイラストか分かりますか?
向かって左から、
●武田金草堂薬局のカッパ伝説
●窪川出身の明治時代の英雄、谷干城(たに・たてき)の幼少期
●谷干城が、盟友であった坂本龍馬暗殺の一報を耳にし、憤慨している様子
です♪
今回は、食べ歩き&お買いもの&JRのアーチ橋がメインの北コース(仮称)と、
歴史探訪と酒蔵見学がメインの南コース(仮称)を、2手に分かれて回りました。
出発前、南コース(仮称)を回るみんなで、スタート地点の【古民家カフェ半平】で。
菅笠に金剛杖も装備して、すっかりお遍路さん気分です。
2012_1020_095632-P1010238.jpg
わたしは慣れないながらも南コースのメインガイドをつとめさせていただきました。
サブガイドは酒楽人AKIRAさん。
偶然にも、関西からのUターンコンビです(笑)
メインガイドでありながら頼りないわたしで、酒楽人AKIRAさんにはかなり助けてもらいました(汗)
四国霊場37番札所・岩本寺。
2012_1020_101900-P1010242.jpg
2012_1020_102740-P1010249.jpg
2012_1020_102926-P1010252.jpg
昭和レトロの代名詞・つたのからまる喫茶【淳】。
2012_1020_103650-P1010254.jpg
昭和39年の東京オリンピックの年から営業しています。
四万十川の支流・吉見川を渡っています。
2012_1020_103950-P1010256.jpg
ちなみに、お遍路をしたことがある方はご存知かと思いますが、「橋の上では金剛杖をついてはいけない」、という決まりがあります。理由は、弘法大師が橋の下で休んでいるかもしれないからだそうです。
洋菓子の【ひろみ堂】の前で。
クリームがぎゅっと詰まった出来たてのシュークリームを食べ歩き。
2012_1020_104554-P1010259.jpg
歴史探訪もしながら、食べ歩きも楽しむ・・・という、欲張りな南コースです(笑)
【文本酒造】見学。
4代目・文本憲助さん自らが案内してくれます。
2012_1020_111602-P1010272.jpg
希望者にはお酒の試飲も。
2012_1020_112523-P1010276.jpg
他にも、バイオリン工房や谷干城生誕地などを巡り、【古民家カフェ半平】まで戻ってくる約2時間のコース、シメはお抹茶と季節の和菓子(←和菓子の老舗【松鶴堂】のものです^^)を。
2012_1020_120537-P1010277.jpg
意見交換会は、北コースを巡った方たちと一緒に、【レストラン三木】でランチを待ちながら。
2012_1020_125814-P1010285.jpg
2012_1020_125808-P1010284.jpg
モニターに参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!
おかげでとても貴重なアドバイスをいただきました!
この場をお借りしてお礼を申し上げます。
いただいたご意見をもとに、さらに魅力的なまち歩きを完成させていきたいと思います。
完成→正式お披露目までもう少しです^^
※もうひとつの、食べ歩き&お買いもの&JRアーチ橋メインの北コース(仮称)を回った方のブログ記事です。
☆「とさあるく。」(土佐市のまち歩き)さま→
☆土佐市地域雇用創出推進協議会さま→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録