四万十川の鮎

AKIRAの地元の鮎も今年は、四万十川沿いは、雨が多くていつも増水していたために、親戚の人達が行っている火振り漁も一度もしてなかったのですが、10月にやっと2回出来ました。

親戚から頂いた中で29cm位のがありましたので、重さを量ると2尾で500グラムほどありましたので記載しました。どうも子持ちのように見えますので、卵がありそうです。

こちらの火振り漁は、午前2時頃から明け方5時から6時ぐらいまで行われています。

これは、鮎が食べた餌の糞を出した後の方がお腹もきれいになり、焼いても綺麗に焼けはらわたを食べても美味しいからだそうです。

市場にもその方が高い値段で取引されるそうですが、今年は、残念ながら売れるほど取れませんでした。

アユもそろそろ下流の方に下っているようでまた、来年に期待したいと思います。

こちらの漁期は、10月15日で終了しました。

焼くのは、もちろん炭火で猫にも取られないように、特別に作ってもらったフタの付いた焼き釜で焼いていました。

これでじっくりと二日半も長い時間をかけてこんがりと焼くと、旨みが凝縮されまたひと味違います。

水分が少ないので長期保存ができ、冬には煮付けにすると味に旨みが加わり美味しくなります。

2 件のコメント

  • しみじみと鮎を思う秋 より:

    SECRET: 0
    PASS: bf854d6611932bec175cad498ab8fe3b
    酒楽人AKIRAアニイさま。えらい立派な鮎ですなぁ~。こんな美しい鮎を見たのは久しぶりです。プリプリで旨そうですよ。日本酒と合うんですよ。こいつが、この鮎の塩焼きが。あ~、たまらんス。ワシこの写真で一杯やれそうです。(まだ朝やがな) それと、あのネコ防止の焼き釜、凄いじゃないですか? 四万十の方じゃ、こんなもんで焼いとるんですか? 二日半かけてって…こりゃ、一種の燻製かなぁ? まさに保存食。四万十川流域ならではの食分化ですね。こいつで一杯できたら最高やけどなぁ。(また飲むんかいな)
    その昔、きよ吉が子どもを連れてキャンプに行ってた頃、 渓流釣りにウツツを抜かした時代がありました。もう20数年前の話しです。(ふる~) ?朝飯は父ちゃんが釣ってくるけ大丈夫じゃ、と小鳥が目覚める前に一人テントを抜け出して川へ。「テンカラ」という天ぷらと唐揚げを一緒にしたようなへんな名前の毛針釣りに凝っていました。その頃、きよ吉は鮎にはぜんぜん興味がなく、もっぱらヤマメやイワナなど肉食系の魚ばかりを狙っていました。さほど釣れもせんのに。(笑)
    鮎の独特の臭いがイヤでした。それとパンチのない味。それが、今はどういうことでしょう!この鮎の匂いが好きなんですわ。パンチはないけど、この奥深いお味、ほろ苦さがもうたまらんのです。鮎はその土地の風土を味わう魚です。(う~ん、ちょっとホメすぎか) ?人間、齢を重ねると嗜好も変わります。今まで苦いレンコン汁たくさん飲んできましたから…。(それって何やねん)
    まあ結局、ヤマメも釣れなくて朝飯はハヤの天ぷらか唐揚げになってしまった!というのが殆どでしたが…。(これテンカラのオチかいな)

  • きよ吉 より:

    SECRET: 0
    PASS: bf854d6611932bec175cad498ab8fe3b
    あっ、しまった! 名前のところにタイトルを入れてしもうとるがな。(泣) ?ワシようやるんですわ、クスン! 今回、タイトルを何にしようか? ちょっと悩んだ為(悩むんかい) そん時、うっかりして送信ボタン押してしもうたんですね。ごめんなさい!きよ吉の送信ミスです。ただ、誰か分りますよね、へんな一人突っ込みしてるのワシだけですけぇ。(バレバレやがな) ?あまりにもAKIRAアニイの鮎が美しくて手元が狂ったのかなぁ~!(アハハハ)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録