志和のへんてこ橋群

こんにちは ごぞまるです(^O^)/
四万十町珍八景登録申請
皆さんの拍手の数で決めさせていただきます。
 
拍手=5以上登録 4未満却下 よろしくお願いします

今回は、志和の流れ橋とその他のへんてこな風景を紹介します

志和川は、四万十川の支流ではありません。れっきとした別の水系です。
志和の峰を源流に持ち、わずか5km余りで太平洋に流れ出る小さな清流です。
しかし、ボラ、ウグイ、鮎、ドンコ、うきごり、カマツカ、手長エビと魚類は、豊富で河口部~中流部~源流部と超ミニ四万十川であると言えます。(たぶん)

清流 

志和川最河口に架かる抜水橋「しわがわばし」と第一へんてこ橋「旧しわがわばし?」

第一へんてこ橋「旧しわがわばし」
長さ35m 幅1.8m
抜水橋ですが、橋脚の1本が流導堤の上に立っています
もともとあった上に建てられたのか、後からしょうがなくこの形になったのかは・・・・・?
導流堤の右側が、清流「志和川」、左側が・・・・
導流堤が、どうしているんじゃろか?? 

防潮扉(防水扉)
高潮や波が集落にはいらないようにしたもので一般的なもの

で、なんじゃろ防水扉「お見合い防水扉」

防水扉が、川を挟んで向かい合っています(偶然?)
なんか意味があるんじゃろか??

第二へんてこ橋「志和の片付け橋」
両側は、通常の沈下橋(?)ですが、中央部分のみ流れ橋風になっています

中央部の3枚の渡し板は、置かれているだけで固定されていません
これは、流れる前にお片付けしましょう。
まあ、流れてもまた拾えばいいか的な発想
橋全体データ
   長さ14m 幅2m 橋脚2本 水面からの高さ1.5m
両側のコンクリート部データ
   長さ4.5m 幅2m 床版厚さ10cm
渡し板部データ
   長さ5m 幅25cm 厚さ13cm×3枚

現在は、3枚の板を置いていますが、後3枚置けるスペースはあります。
人が通るだけじゃからこの程度でいいのか、
面倒くさいだけなのか不明??

小さな堤防に腰掛けてお弁当などいかがでしょうか?
目の前に広がる田んぼとそれに続く志和山脈(?)
足元を流れる志和川の清流
海岸でぼ~っとするのもいいですが、・・・

第三へんてこ橋「志和の流れ橋」

高さの異なる橋脚が2本あります
志和の流れ橋データ
  橋全体 長さ12m 幅60cm
      橋脚2本 水面からの高さ 手前から1.4m 1.2mと微妙に異なる
      平板×2枚×3セット 計6枚
      1枚の平板 長さ4m 幅30cm 厚さ6cm     
渡し板が、2枚づつあり、それぞれに漁業用ロープが1本取り付けられています
手前の4枚がこちらの岸に連結されており、残り2枚は、対岸に連結されています

下流を見ています。空が見える辺りが志和漁港となります。

第四へんてこ橋「への字橋」
長さ13m 幅3m の抜水橋です。
橋脚は1本、橋の中央部が高くなっており、心なしか「への字」に見えます。
その他のへんてこ橋

「たぶん流れ橋の橋脚遺跡」

丸太橋「幅が広いが1人用橋」

レール橋「JR払い下げ橋」
橋桁が3本のレールからなっている
トラクターも通れそう??
ただ田畑に隣接している箇所は、イノシシ除けの防護柵が続く・・・・
各橋の名前は、ごぞの適当ネーミング、橋の長さは歩測です。
お間違えなきように・・(^O^)/

珍八景ネタが、完全になくなりました(;一_一)

6 件のコメント

  • きよ吉 より:

    SECRET: 0
    PASS: bf854d6611932bec175cad498ab8fe3b
    ごぞ様、志和川探検おつかれさまでした。全長5キロの清流志和川。前回のコメントにあった「四万十町のおもちゃ箱」という意味がよく分かりました。志和の峰に隠れて見えなかった志和のへんてこ橋たち。ホンマにへんてこですが素敵ですよ。懐かしい日本の田舎という感じがしました。私が住んでいる安芸の国にも志和という農村集落がありますが、なんだかそこにもちょっと似ているような気がしました。
    で、ごぞさん、このへんてこ橋群たち。四万十町珍八景でもいけますが、単独で志和川ハ珍としてもいけるのでは?
    【 志和川たそがれ珍八景 】
    ? 旧しわがわ橋の流導堤
    ? 志和の片付け橋
    ? 志和の流れ橋
    ? 志和のへの字橋
    ? お見合い防潮扉
    ? 頑張るトマソン橋脚
    ? 肝っ玉一本橋
    ? まだまだ頑ばレール橋
    以上、8つ。ねねね、これで八珍になるんとちゃうやろか?
    6、7、8はきよ吉アレンジです。
    と、

  • きよ吉 より:

    SECRET: 0
    PASS: bf854d6611932bec175cad498ab8fe3b
    あっ、「と」が残っとる! こりゃ、いけん。
    よくやるんですわ、ワシ。この、コメント欄のこの小さな囲み、なんかど~も苦手なんですわ。字がこ~まいので、よう見えんのです。それに、ちょっと長い文を打つと囲みの中にどんどん入って消えていくし、ぜんぜん全体を把握できんのです。(涙) 皆さんではどうしてるんでしょうね。
    で、「と」の続きです。
    例の?の旧しわがわ橋について、気になることがあったので、それを書こうとしたのでした。
    これは前回のハル隊員の写真にもあったのですが、橋の欄干(真ん中あたり)からぶら下がっているブルーの四角い物体のことです。これって、魚を干す網ですよね、きっと。左右に一つずつぶら下がっています。さすが海辺の町? 志和ならではのほのぼのした光景ですなぁ。でもどうして自分の家ではなく、この橋の欄干なんでしょうか? たぶん、川筋沿いにいい風が吹くのかもしれませんね。アジ、サバ? きっと美味しい干物ができるんでしょう! ハル隊員さま、こんどブルーネットの中身を確認しておいてくださいな。 きよ吉でした。

  • ごぞまる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    きよ吉様
    先日の講習の終わりに聞かれてたとこお返事します
    1)窪川の好きなところ
      一斗俵沈下橋ってお答えしたんですが、確かに好きなんですが、・・・
      一番好きなのは、何を隠そう「四万十川とその支流」です
    2)窪川の好きな店
      満州軒
      お店の中で食べるのがベストですが、お持ち帰りもできます
      豚足スライス、生センマイ、ゆでホルモン・・・・
      家に帰り晩酌でちまちま
      生レバーがなくなってしまいました・・・(;一_一)
    3)窪川の自慢できるところ
      う~ん!わからん
      お店の雰囲気と人の良さ好きです
    ぱっと答えられないとこは、頭がトマソン化しているようです
    ボケ手前かな??ボケ中かな・・・ 
    と、
    またまた、いただいちゃいます!志和珍八景!いや~ネーミングの響きがいいですよね~
    そうだ!!ホコさんに志和珍八景カテゴリーを作ってもらおう・・ホコさんおねがい
    ほんと!このコメント欄書きづらいでもどこのブログも入力するとこ書きづらいですよ gooもしかり
    ブログを書きながらブログの確認ができるといいんですが、画面を上や下に動かしプレビューで確認したりおっそろしく面倒、ブログを書きながら別ウインドウで表示できたら楽なんですが・・・・
    何とかならんもんかいな・・と思うこのごろ
    ほんとは、使いこなしていないだけかも・・・
    と、
    「レレのおじさん」確認しました。
    あれ、でっかいね~ 
    フェイスハンティングたんね隊コースに組み込もうと思います
    例)
    今日は「レレのおじさん」を見つけてください
    たんね隊登録の面白物件以外を見つけてくれた人にはご褒美・・・ってどうですか
    と、
    今度窪川に来たら「三浦金物屋さん」見てください。
    宮地ガラス同様のワンダーランドかもしれません(まだよう見てないんですが)
    この前、洗濯板がありました→今は茶揉み板だそうです
    建物も変に古いです
    表は、今風でも実は白壁の土蔵風・・・
    窪川の珍八景探そうかな~
    きよ吉様講習ありがとうございました。
    景色を見る目線が変わってしまいました
    「と、」てべんりですね。
    では(^O^)/
    > ごぞ様、志和川探検おつかれさまでした。全長5キロの清流志和川。前回のコメントにあった「四万十町のおもちゃ箱」という意味がよく分かりました。志和の峰に隠れて見えなかった志和のへんてこ橋たち。ホンマにへんてこですが素敵ですよ。懐かしい日本の田舎という感じがしました。私が住んでいる安芸の国にも志和という農村集落がありますが、なんだかそこにもちょっと似ているような気がしました。
    > で、ごぞさん、このへんてこ橋群たち。四万十町珍八景でもいけますが、単独で志和川ハ珍としてもいけるのでは?
    >
    > 【 志和川たそがれ珍八景 】
    > ? 旧しわがわ橋の流導堤
    > ? 志和の片付け橋
    > ? 志和の流れ橋
    > ? 志和のへの字橋
    > ? お見合い防潮扉
    > ? 頑張るトマソン橋脚
    > ? 肝っ玉一本橋
    > ? まだまだ頑ばレール橋
    > 以上、8つ。ねねね、これで八珍になるんとちゃうやろか?
    > 6、7、8はきよ吉アレンジです。
    >
    >
    >
    > と、

  • きよ吉 より:

    SECRET: 0
    PASS: bf854d6611932bec175cad498ab8fe3b
    ごぞまる様。窪川の好きなところ、好きな店、答えてもらってありがとさんです。今頃食いついてごめんなさい!
    前から気になっていた満州軒。前回の講座の前にはじめて行きましたよ。いいお店ですね。やはり地元の人に愛されているお店は匂いというか空気でわかります。焼肉屋さんにしては綺麗にされていますね。床やテーブルが油でズルっとこない。店主の姿勢がいいですね。本当は人気のゆでホルモンにしたかったのですが、一杯飲みたくなるので我慢。定番?のラーメンライスを注文。でも美味しかった~!値段も手頃ですし、満州軒は腹ぺこ親父のつよい味方です。たっぷりのモヤシにたっぷりのネギ。期待を裏切らないあっさりだけどこか懐かしいスープと麺。それに窪川地区のラーメン特有のピンクのスマキがど~んと2きれ入って、なんだか幸せな気持ちになりました。そうそう、ご飯がまたトビキリ美味しかった!さすが米どころですなぁ。店の人も感じいいですね。きよ吉もすっかりお気に入りになってしまいました。
    そうですか、持ち帰りができたんですか!だったら茹でホルモンと豚足買って帰ればよかったなぁ~!(涙) ?今度そうします。
    しかし、満州軒にしても近くの中華瀧にしても、窪川という町は食のレベル高いですね。普通のみせが普通にうまい!ボリュームもある。これって、なかなか出来ないですよ。羨ましい限りです。「沈下橋めぐり」や「珍八景めぐり」の合間にぜひラーメンめぐりを!窪川駅周辺でも8軒あるんです。「窪川ラーメンハ珍」です。歩いて回れますし。これ、当たりまっせ。上手く仕掛ければ。もう少しエリアを広げて七子茶屋や豚太郎あたりまで入れるとゆうに15~6軒になります。本気で仕掛ければ「窪川ラーメンめぐり」で町おこしができますよ!だって、窪川は土佐を代表するグルメの町、食材の町ですからね。なんで、町の名前から消えたんじゃろう???窪川は四万十の玄関口にも当たりますし、インターも出来るし、今がチャンスなんだけどなぁ? 町の観光担当者は気づいとるんじゃろか? たそがれラーメン親父のきよ吉でした。

  • ごぞまる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「満州軒にしても近くの中華瀧にしても、窪川という町は食のレベル高いですね。普通のみせが普通にうまい!ボリュームもある。これって、なかなか出来ないですよ。羨ましい限りです。「沈下橋めぐり」や「珍八景めぐり」の合間にぜひラーメンめぐりを!窪川駅周辺でも8軒あるんです。「窪川ラーメンハ珍」です。歩いて回れますし。これ、当たりまっせ。上手く仕掛ければ。もう少しエリアを広げて七子茶屋や豚太郎あたりまで入れるとゆうに15~6軒になります。本気で仕掛ければ「窪川ラーメンめぐり」で町おこしができますよ!だって、窪川は土佐を代表するグルメの町、食材の町ですからね。なんで、町の名前から消えたんじゃろう???窪川は四万十の玄関口にも当たりますし、インターも出来るし、今がチャンスなんだけどなぁ?」
    この部分ブログに乗せていいですか?
    太字で一番最初にど~んってアップしたら町観光担当者も腰を上げてくれるかもしれん・・
    腰を上げてくれるまではたんね隊でラーメンの紹介をしていきたいと思います
    ・・・窪川ラーメンめぐりの旅「くぼかわラーメン八珍」
    もうそのままなんですが・・・・(;一_一) 自分で考えんかって言われそう
    1週間に1回程度ラーメン食にしてコレステロールが上がらない程度に乗せていこう
    他の隊員がすでに紹介したとこも数件あります!つかあしてもらおう!
    カテゴリー追加をホコさん相談しようっと!
    では(^O^)/

  • きよ吉 より:

    SECRET: 0
    PASS: bf854d6611932bec175cad498ab8fe3b
    おっ、ブログでやりますか? 窪川ラーメンハ珍。いいですなぁ~、そうこなくちゃ!さすがこぞまる様です。ラーメン巡りの旅、たんね隊が楽しく紹介すればきっと人気になりますよ!きよ吉も協力しますでぇ。そうそう、コメントの件も了解です。ど~んと新聞見出しのような大きさで出してみてください!(そりゃ、目立ちすぎやがな) うまく、観光関係者に届けばええのですが…。まあ、届くのはすぐだと思いますが、それで動くかどうかはあまり期待できませんが。とりあえず、たんね隊でコツコツ紹介していくのがいいみたいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録