寺野沈下橋と空飛ぶ水道管専用吊り橋

こんにちは ごぞです(^O^)/
寺野沈下橋は
四万十川の1次支流井細井川(いさいがわ)に架かる小さな沈下橋です
今なお、現役の橋で車(軽4クラス)の通行が可能です
また、井細井川は、水が澄んでおり沈下橋の下は、ごく浅くなっています。

初夏 大雨の後



すぐ上流の岩場から見た沈下橋
【寺野沈下橋のデータ】所在地:四万十町寺野 (旧窪川町)
建設年:昭和39年  (1964年)
路線名:町道川口中屋敷線
長さ  20.4m   幅2.0m
橋脚: 2本
四万十川1次支流 井細井川に架かる
車両通行可(渡らないほうがいいよ!!Uターンが大変そう)
駐車場 なし
    沈下橋上の町道に1~2台の駐車が可能です
    2012年6月、町道の拡張が行われています。
       もう少したつともうちっと置けると思います



昔の寺野の吊り橋 お嫁入りの風景
写真集「沈下橋よ 永遠なれ」武吉孝夫氏撮影

空飛ぶ水道管専用吊り橋
平成24年6月台風4号通過直後のため少し濁っています
下側のロープにゴミが、引っかかっているのであそこまで水が来ていたんでしょう。
この吊り橋は、沈下橋を過ぎて1分位にあります。
小さな淵に架かっており、昔は、対岸の集落を結ぶ足となっていました。

周囲の地形からみてこの吊り橋が、お嫁入りの吊り橋だと思います。
ロープの下に白パイプがありますが、四万十町では、これを「空飛ぶ水道管」と呼びます
「空飛ぶ水道管」は、あちこちの沈下橋の上や深い谷の上に見られます

さらに上流の堰 魚道が見えます

秋 少し上流の吊り橋の遺跡 ツタが絡まり・・・・
ここにも「空飛ぶ水道管」が・・・・

2012年6月26日 ツタが絡まる吊り橋
<行き方>
国道56号線より分かれ、国道381号線を大正方向に行きます。
若井沈下橋を過ぎて約2分、道が大きくカーブしたところの集落:南川口で右折します。
ここからは、1本道です。
分岐したところから約4分、寺野沈下橋が見えます。
また、沈下橋から1分で吊り橋、さらに1分で魚道のある堰にさらに1分で吊り橋に行きます。
時間があったら上流の吊り橋まで見ていってください。

南川口で四万十川に合流する井細川

南川口の河内神社の狛犬 「うん」さん

南川口の河内神社の狛犬 「あ」さん

河内神社の3本杉 樹齢400年 樹高30m 町指定文化財
カメラに入りません。ものすごい迫力です。
では、(^O^)/
 

1 個のコメント

  • きよ吉 より:

    SECRET: 0
    PASS: bf854d6611932bec175cad498ab8fe3b
    う~ん、う~ん、う~~~~ん、空飛ぶ水道管。もう、やられました。次々出てきますなぁ~、さすがごぞさん。こ、これ、まさに四万十町の土木遺産です。珍八景です。絶滅危惧種のたそがれ物件です。ひぃ~ひぃ~ひぃ~、もうワシ息とまりそう! これやから、たんね隊のブログは要注意です。もう、仕事になりませんがな~。見てしもうたら気になって・・・。そうですか、空飛ぶ水道管って、四万十にはけっこうあるんですね。ネーミングも素敵です。お嫁入りの釣橋の第ニの人生が水道管を支える橋脚?橋床?になるなんて、お嫁さんもビックリですね。(笑) 定点撮影もお見事です。ぜひ四万十遺産に登録しましょう!もちろん珍八景にも。やはり沈下橋がらみの面白物件はごぞワールドですなぁ~。そういえば、ごぞさんのこと、きよ吉はずっと こぞさんと勘違いしておりまし
    た。ごめんなさい!m(._.)m で、ゴゾってひょっとして島の名前かなぁ~?
    にも。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です