サワタリ沈下橋

こんにちは (^O^)/
中津川集落の入口から見るサワタリ沈下橋です。

四万十川の2次支流中津川を大奈路~古宿~久木ノ森風景林と遡ってサワタリ沈下橋のある大正中津川集落に到着しました。

沈下橋の全景を撮るにはこのポイントが良いようです (2012年7月30日)
倉庫横のお墓を入れないのがミソ

初夏のサワタリ沈下橋

民宿「はこば」さん前から見たサワタリ沈下橋 右手の山に河内神社があります。
DPP_1188.jpg
サワタリ橋近くの茶堂 
神社の鳥居の横です

【サワタリ沈下橋】データ
所在地: 四万十町中津川
建設年:不明
四万十川の1次支流梼原川の支流中津川に架かる(四万十川の2次支流中津川)
長さ22.2m  幅2.3m
橋脚 3本
車・人通行可
昔は、中津川地区と対岸の・茶堂、河内神社経由して大正大奈路へとつないでいました。
・・・・・・・・(たぶん) 
民宿「はこば」さんから50mくらいのとこにあり、駐車場も近くにあります。
<行き方>
国道381号線の大正田野々にて梼原川に沿って国道439号線を梼原方面に進み、オートキャンプ場ウエル花夢を過ぎて大奈路地区より中津川方面へ右折します。後は道なりに行ってください。
古宿の魚道
こじゃんと広いカーブのとこが、古宿地区です。バスの待合所と古い橋が目印です。
久木の森山風景林
古宿を過ぎて5分くらい行くと中津川トンネルに行きますが、トンネルの手前を風景林へ行ってください。
トンネルを出たとこからもいけます。道が狭い・・・まあ歩いてもあんましかからん!!
車を止めて歩いて散策してもグッド、全体がUの字になっているので風景林を散策しぐるっと回ってトンネルから車に帰れます!!まあ~試してみて!
サワタリ沈下橋
ほんでまた、道なりに進むと視界が開け、中津川集落に着きます。サワタリ沈下橋は、すぐわかります。小学校まで行くと行きすぎ・・・・
中津川河内神社
杉の大木(?)の後ろ側に河内神社の狛犬様がいらっしゃいます。
前回来たときは、杉の下に廃トラック(物置?)が、置いてあったんですが、きれいに片づけられていました。
そのかし、きれいなお墓が、建てられていました。

中津川河内神社の狛犬
いつ奉納されたものかなあ~  字が全然読めません・・・
苔だらけの風格がある狛犬様ですが、下手なんでうまく撮れません
どやったら狛犬様をちゃんと撮れるんでしょうか・・・・
鳥居を抜けると石段が続き、「ひーひー」いってやっと登ったと思ったらもう一つ石段が見えました。運動不足なもんで普通の人なら大したことのない石段でしょうが・・・・ まだ社殿は見えません。

最初の石段を登りきったとこから鳥居を見下ろしています

2つめの石段を登りきった所より下を見下ろしています。ここからは、鳥居は見えません。
杉の木がなければ、中津川集落が見渡せるんですが、杉の木の間からかろうじて家並みが見えました。

河内神社社殿
境内は広く、社殿は立派でした

松原中津川トンネルの入口(四万十町側)
四万十町大正中津川と梼原町松原地区を結ぶ長いトンネルです。
四万十町から梼原町に行くには、ここを通るのがベスト!!
ダム湖の横は、道も狭く、グネグネの大変しんどい道です。
木屋ケ内沈下橋や津賀ダム、下津井のメガネ橋を見ない人、梼原に急ぐ人はこちらの道がおすすめです。
サワタリ橋周辺のおすすめスポット
大正中津川のサワタリ沈下橋に行く途中で見かけた古宿にある魚道です。
田植えの時期に雨の後、魚道からあふれた水が滝のように流れます。
川の上の道が、広くなっているので車を止めてゆっくり見れます。
5月、6月は、必ずこの風景を見に行くようにしてます
(^O^)/大好きな風景の一つです

古宿の堰の遺跡  
ちょっと見えにくいですが、左から川に出ている遺跡発見!!
セメントと石でできているようで「なんでしょう~ね~」
下流の民家横の道(私道?)を下っていくと見えます

久木の森山風景林
古宿の魚道とサワタリ橋の間にある風景林
中津川トンネルの手前を入ります。
DPP_1146.jpg
中津川の清流
そ~っと川岸に近寄ってみてください。ドンコが昼寝しています。
もうすぐ紅葉の季節行ってみて!!絶対損はさせんき!車を止めて歩いてみてよ(^O^)/

2 件のコメント

  • きよ吉 より:

    SECRET: 0
    PASS: bf854d6611932bec175cad498ab8fe3b
    ごぞまる様。ブログアップ、えらい早いですなぁ~。これじゃゆっくりお返事書く時間ありませんがな。(笑)
    で、ギョギョッと魚道です。きよ吉も好きな古宿の魚道。また出ましたね。この迸る魚道のインターチェンジ、もう最高ですがな。やっぱいいですなぁ~。コレを機にもう一つのしまんと絶景スポット 「魚道珍八景」。こんなんどうですか? やってみませんか? ごぞまるさんなら出来そうですよ・・・。
    あっ、それから、崩れかけの堰の跡。よくぞ発見しましたね。ひょっとして魚道のインターチェンジが出来る前にあった堰の名残なのかなぁ~? まさに消えゆく四万十水系の土木遺産です。ホンマはこの辺の物件は、ちゃんと調査して図録にでもまとめるといいのですが・・・。

  • ごぞまる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ブログのアップが早い(?)のは、マイブログからコピー&若干の修正を加えてUPしているためです。
    「四万十凸凹隊 ごぞまる絵日記」
    おひまの時に見て見てください。
    ぶったまげる堰がありますき(仁淀川町長者)
    と、
    またまた、いただきます。珍八景シリーズ
    では(^O^)/
    > ごぞまる様。ブログアップ、えらい早いですなぁ~。これじゃゆっくりお返事書く時間ありませんがな。(笑)
    > で、ギョギョッと魚道です。きよ吉も好きな古宿の魚道。また出ましたね。この迸る魚道のインターチェンジ、もう最高ですがな。やっぱいいですなぁ~。コレを機にもう一つのしまんと絶景スポット 「魚道珍八景」。こんなんどうですか? やってみませんか? ごぞまるさんなら出来そうですよ・・・。
    > あっ、それから、崩れかけの堰の跡。よくぞ発見しましたね。ひょっとして魚道のインターチェンジが出来る前にあった堰の名残なのかなぁ~? まさに消えゆく四万十水系の土木遺産です。ホンマはこの辺の物件は、ちゃんと調査して図録にでもまとめるといいのですが・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録