中西権七(なかにしごんしち)物語

中西権七!
窪川戦国時代の剛勇!
聞けば聞くほど、どのような人物だったのか知りたくなります。
権七物語
五社様に奉納されている長刀!権七物語[1]
権七物語
これを操る膂力!
権七物語 (1) - コピー
見付~興津間を歩いて参拝していた脚力!
securedownload[1]
また、彼を取り巻いてしまった悲劇!
権七物語 (1)
中西権七の姿を思い浮かべて、彼のゆかりの地をめぐるのも
戦国ロマンが彷彿とされます。
この話は、見付 郷土史家の大家 林 一将師匠に教わりました。
林さんは郷土の歴史に関する知識や情熱がほとばしっているとても魅力的な人物です。
古渓城城主でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 〒786-0013 高知県高岡郡四万十町琴平町1-1 shimanto-town.net 2013年4月に登録