四万十町 清水大橋

四万十町 清水大橋を紹介しちゃいます (^O^)/
清水大橋は、一斗俵沈下橋のすぐ下流(500mくらい)にあります。
四万十源流大橋を挟んで上流が一斗俵沈下橋、下流が清水大橋となります。

四万十源流大橋 右側が清水大橋になります

春の清水大橋 
左側に見える建物が、米奥小学校、右上の橋が源流大橋 一斗俵沈下橋は見えません

2012年6月の清水大橋 
橋に併設されてつけられていた水道管も大きく壊れていました
写真左側の棒が水道管です
真ん前に見渡し地蔵さんがありました。
【清水大橋データ】別名:清水ケ瀬沈下橋
所在地:四万十町米奥
建設年:昭和40年(四万十川上流域では最も長い沈下橋です。)
市生原(いっちゅうばら)集落と米奥(よねおく)集落を結ぶ
長さ:102.1m 幅2.8m
橋脚:16本
特徴:比較的高くこの橋が水没することはあまりありません。
車不可、徒歩可
駐車場、トイレあり
<行き方>
国道56号線から旧道に分かれ、呼坂トンネルの手前を松葉川温泉方面へ
右折します。(国道から100mくらいのところ)
後は道なりに15分くらい行ったところに見えてきます。スマートな沈下橋です。
逆に一斗俵沈下橋は、太っちょのイメージ・・・・・
清水大橋の下流2km位にある四万十川沿いに建てられた民宿「おとり家」さん

民宿「おとり家」
TEL:0880-23-0022
所在地:四万十町米奥767
お弁当もお願いできます(お弁当は、日曜日休み、電話予約要)
源流大橋を渡って左側に行くとあります

写真集「沈下橋よ 永遠なれ」 武吉孝夫氏撮影 の清水大橋在りし日の風景

秋の清水大橋

冬の清水大橋
ピンポ~ン クイズのお時間で~す
<前回のクイズ >
かなり有名な神社の狛犬様です。どちらの神社にいらっしゃいますでしょうか?  
IMGP2147.jpg
<答え>
仁井田郷の六十八ヶ村の総鎮守神として崇敬される高岡神社(五社さん)「中の宮」の狛犬です。
IMG_1594.jpg
横から見た狛犬さん
この狛犬さんは、大変珍しく犬なのか??多分犬ですよね? 奉納時期は、明治34年とありました。
おそらく、明治23年の大洪水でそれまであった狛犬が流されたか、壊れてしまったため、この狛犬さんが奉納されたんではないでしょうか?
明治23年の大洪水は、台風によって源流部の津野町で山腹崩壊が起き、四万十川をせき止め大きな土砂ダムができました。この土砂ダムが、台風が過ぎた夕方決壊し、流域の村々をことごとく押し流しました。
五社さんでは、鳥居の下まで水がきました。五社さんから四万十川の近くまで続いていた門前町の家々が、ことごとく流され、なにもない河原となってしまいました。
いまもここから大井野に続く広い平野には、田んぼだけが続いています。
130年位前の大洪水の教訓を生かすように山に沿うように家が、建てられています。
四万十川沿いに家が、建てられるようになったのはごく最近のことです。
大丈夫なんでしょうか・・・・・!またいつか・・・!!
IMG_1588.jpg
石灯籠の後ろにあるのが、大洪水の石碑(あのてんこすまで水が来たんでしょうか?)
狛犬さんの体には波(水の流れ)のような模様があります。四万十川を鎮めるための願いも込められているように思われます。(考えすぎかな・・!)
五社さんにはもう一つ狛犬がいらっしゃいます。
IMG_1671.jpg
「東大宮」の狛犬
上の狛犬さんより古い時代のものです。ここ「東大宮」は、短い石段を登ったところにありますので大洪水の被害にはあわなかったんではないでしょうか??
こちらの狛犬は、吉見通り(琴平町)にある琴平神社の狛犬さんに似ています。
では、今回のクイズです。
岩本寺にある小さな遍路石に「高田屋嘉兵衛」と彫られています。昔、添蚯蚓坂(久礼坂ができる前)にあった海月庵に奉納されたものです。
IMGP1097.jpg
右側の小さい遍路石です(高さ50cm弱)
高田屋嘉兵衛さんは、北前船を操って函館の基礎を築いた豪商であり、また日本を救った英雄です。
では、何から日本を救ったんでしょうか??
①蒙古大帝国:ジンギスカン
②アメリカ
③ロシア
④清
では、(^O^)/

2 件のコメント

  • きよ吉 より:

    SECRET: 0
    PASS: bf854d6611932bec175cad498ab8fe3b
    忘れたころのコメントでごめんなさい!
    こぞさま、高岡神社のこの「笑う狛犬」とてもいい表情していますね。ワシ好きです。はじめてこの神社に行ったときから強烈に頭に残っています。石工のセンスがちょっと抜けてますね。愛嬌のあるニタリ顔。ぐ~んと伸びた長い首。蚊取せんこうのような耳。この狛犬さまはとてもユニークです。かまえは狛犬学会ではお座り型と呼ばれている典型的なタイプですが、この「笑う狛犬」は特別です。
    それと、東大宮の狛犬と金刀比羅神社の狛犬。どちらもつぶれ顔です。さすが、よく分かりましたね。たぶん、義兄弟狛犬ぐらいになるのでは?たぶん同じ石工じゃないのかな~? これもお座り型ですが、ペチャンとつぶれた感じが可愛いですね。どちらもハト胸ですし。うん像の頭は冠のようですね。狛犬を見つけるとつい応援したくな
    るきよ吉でした。

  • たんね隊ごぞ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    きよ吉様 申し訳ございません。忘れちょりました
    ??高岡神社の狛犬様ブログに書いたじゃろか??
    にらめっこして約1時間やっとはったと思いだしました
    清水沈下橋のクイズに長々と入れたんでした・・・頭がぼや~としてました
    このごろは、沈下橋と神社(狛犬がいる)を求めてさまよってます
    面白狛犬発見時は「狛犬学会」に報告いたします
    > 忘れたころのコメントでごめんなさい!
    > こぞさま、高岡神社のこの「笑う狛犬」とてもいい表情していますね。ワシ好きです。はじめてこの神社に行ったときから強烈に頭に残っています。石工のセンスがちょっと抜けてますね。愛嬌のあるニタリ顔。ぐ~んと伸びた長い首。蚊取せんこうのような耳。この狛犬さまはとてもユニークです。かまえは狛犬学会ではお座り型と呼ばれている典型的なタイプですが、この「笑う狛犬」は特別です。
    > それと、東大宮の狛犬と金刀比羅神社の狛犬。どちらもつぶれ顔です。さすが、よく分かりましたね。たぶん、義兄弟狛犬ぐらいになるのでは?たぶん同じ石工じゃないのかな~? これもお座り型ですが、ペチャンとつぶれた感じが可愛いですね。どちらもハト胸ですし。うん像の頭は冠のようですね。狛犬を見つけるとつい応援したくな
    > るきよ吉でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 〒786-0013 高知県高岡郡四万十町琴平町1-1 shimanto-town.net 2013年4月に登録