四万川の沈下橋

梼原町の四万川川の沈下橋を紹介します。 (^O^)/

四万十川の2次支流になる四万川川は、梼原町川口で梼原川に合流します。
ここより上流の沈下橋4つ紹介します。
梼原の街より宇和島方向に約1kmで川口に到着です。
IMGP0328.jpg
じつは、川口にも沈下橋があります。梼原川に架かる沈下橋です。しかし、国道から見えません。
女性2人連れが、セラピーロードに行くんだと言っていました。梼原の街から迷い込んだようです。ホンダフィットがやっとでした。
では、川口よりさらに上流を目指し四万川川を遡ります。
2kmほど国道197号線に沿って流れます。
川口から約1kmで、最初の沈下橋:仲間(なかいだ)沈下橋が見えます。
IMGP0314.jpg
この沈下橋は、今でも現役の橋ですが、農林業の車両以外利用はないようです
【仲間沈下橋のデータ】建設年:昭和48年  1973年
長さ:42.0m 幅:1.5m
駐車場なし:見通しの良い国道のすぐ下にあるので割とどこでも車を止められます。
仲間の沈下橋を過ぎてすぐ
2
AKIRAさん紹介の大わらじ辺りから国道197号線に別れを告げ、さらに山間に入ります。
大わらじから約1kmで竹の薮沈下橋に到着です。
この沈下橋は、「ごぞ」が大好きな橋の一つです。橋と川岸の木が、マッティングしてなんとも言えません。
IMGP0317.jpg
下流の抜水橋から見下ろしています。 高さ20m位ありそうです
IMGP0321.jpg
竹の薮沈下橋の特徴は、橋のたもとに大きな木が1本だけあります。
現在、沈下橋は利用されていないように見受けられました。
【竹の薮沈下橋のデータ】
建設年:昭和54年  1979年  
長さ:30.2m 幅2.0m
駐車場はありません。抜水橋の近くのバス停にかろうじて1台駐車ができます
IMGP0326.jpg
竹の薮沈下橋から上流に3km位に宮野々地区に沈下橋があります。
名前??
写真でわかるように壊れています。また、対岸の道路も高く接続されていません
IMGP0325.jpg
近所のおんちゃんが、ハヤを餌にウナギを取るのだとセルビンをしかけていました。
IMGP0322.jpg
宮野々は、有名な坂本竜馬が脱藩のとき、駆け抜けたところ
沈下橋は、関所跡の看板のすぐ前にあります。
車は、道に余裕でおくことができます。
さらに500m位上流には川角(かわづの)沈下橋が、あります。
IMGP1132.jpg
この橋は、狭く車は通行できません。
たぶん今は、お散歩コースとなっているように思います
【川角沈下橋のデータ】建設年:昭和35年  1960年
長さ:29.9m 幅2.3m
駐車所なし:下流側の抜水橋近くに置くのがベスト 
川角沈下橋は、37番札所岩本寺の清流殿の天井絵にも描かれています
書かれたころの風景とは、少し違っているようです。半鐘やぐら(?)がなくなっていました
川角沈下橋を過ぎると道は、竜馬脱藩の韮ヶ峠方向に続きます・・・・
どうですか。梼原に行ったら沈下橋も巡ってはどうでしょうか?
割と町の近くに小さな沈下橋が、わらわらとあります。お弁当を持って行きませんか?
ピンポ~ン クイズのお時間で~す
<前回のクイズ >
これは、何かいな?
UB_0084.jpg
①港へ石灰石を運ぶコンベヤ
②発電所へ水を移送する水路
③新しくできる高速道路の橋
④港へ土砂を運ぶベルトコンベヤ
答えは、②です。
中土佐町大野見竹原で取水され、民家の横、田んぼの横を、長いトンネルを、民家の屋根の上を通り、
四万十町松葉川水力発電所まで送られます。
UB_0087.jpg
四万十川沿いに上秋丸地区を貫く水路
UB_0062.jpg
家の前をど~と
IMG_1474.jpg
松葉川発電所へ到着 四万十川に帰ってきました(^O^)/
0.32MWの発電を行います。
エコな発電ですね!!

1 個のコメント

  • ホコ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    答え、分かりました!
    私がよく行く神社ですね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 〒786-0013 高知県高岡郡四万十町琴平町1-1 shimanto-town.net 2013年4月に登録