葛籠川の沈下橋

四万十あちこちたんね隊です♪ (^O^)/

沈下橋外伝:葛籠(つづら)川の沈下橋を紹介しちゃいます。
四万十川の1次支流:葛籠川には、二つの小さな沈下橋があります。
下流が井津井谷沈下橋、上流がテバコ橋と言います。

井津井谷沈下橋【いついだに】
所在地:四万十町田野々
長さ11m 幅2.5m
国道381号道の駅「大正」より四万十川に架かる橋を渡り右に折れます。
一ノ又渓谷方面に支流:葛龍(つづら)川をさかのぼること車で5分
集落のおばあちゃんに場所を聞いても知らなかった小さな沈下橋は、小さい集落の坂道を降りたところにありました。

ボーとしていたら見逃してしまいます。
倉庫があるカーブの手前を下に降りて行きます。
車は、道路の端に止めてください。十分余裕があります。
カーブの車庫前に止めないようにしましょう。
小さな沈下橋なので車で乗り入れるのは無理!!
ひとんちのお庭でUターンするかその前に川に落ちるかも・・・勇気があればどうぞ!!

小さな農道に架かった沈下橋で地元の人以外は、通りそうにありませんでした。
この橋は、水面から50cmくらいの高さしかなく、四万十町ではおそらく一番小さな沈下橋と思います。
ちなみに四万十市目黒川には、もっと小さな沈下橋があります。

四万十川1次支流:目黒川 須崎の沈下橋 
四万十水系で一番短い(たぶん長さ5mくらい)

テバコ橋
所在地:四万十町葛籠川
長さ14m 幅2.9m
葛龍川の小さな沈下橋「井津井谷橋」からさらに車で12分
さびれた集落(廃屋がちらほら)に忘れ去られた沈下橋は、ありました。

沈下橋の両側の道はすでになく、川に沈下橋がポツンとあるだけでした。
手前の道は、道路拡張のためつぶされており、対岸の道は雑草に沈んでいました。
残念です。割としっかりとした橋なのですが・・
ち~と静かすぎて古い遺跡のようで不気味で・・・・
沈下橋から見上げる山は、トトロの森のようでした・・・

二つの沈下橋の間にも名のない沈下橋がありました。
対岸の自宅を結ぶ・・田んぼ、畑に行く手段としてあるような橋がありました。
洪水で流された橋も川の中に捨てられていました。

こんな小さな橋めぐりもいいと思いませんか?
ちっこい橋ですが、ゆっくりとできますし何よりも水がきれい
日本最後の清流四万十川の数倍澄んでいます。
ちょこっと寄り道してはどうでしょうか?
まだまだちっこい橋はあるよ~ 

2 件のコメント

  • ミモザ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつもブログ楽しみにしています。
    クイズの答えは④でしょうか?

  • 大崎秀一 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私の実家の橋です。
    左の家

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録