里川沈下橋

四万十あちこちたんね隊です (^O^)/
今週は、里川沈下橋を紹介しちゃいます。

里川沈下橋

2012年5月20日現在
里川沈下橋は、窪川の街から国道381号線を大正方面に30分程行き、さらに大正町の街を抜け十和方面に向かいます。

浦越トンネル(ヤイロ鳥のレリーフがあるトンネル)手前を左に3分ほど行ってください。
橋脚の高い里川大橋が見えます。その下に沈下橋があります。

里川大橋の手前を下に降りると河原に出ます。そこに車を置くといいでしょう!!
対岸に車を置いてもいいです。
大きな河原があるのでキャンプなんか最適です。雨が降っても里川大橋の下で濡れないかも(たぶん)

里川沈下橋データ
所在地:四万十町浦越
四万十町浦越集落と里川集落を結ぶ沈下橋です。
長さ84m 幅3m 
昭和29年に作られました。四万十川では、3番目に古い沈下橋です。
建設当初、橋脚は13本でしたが激しい洪水でたびたび流出した。
そこで、中央部の橋脚を1本飛ばして補修すると以後は流出がなくなったそうです。

里川沈下橋

2011年中央部が流れちゃいました。下流30m位に沈んでいます。
でも復活(上の画像)真ん中がきれいでしょ
100mほど上流に里川大橋(平成5年12月)という抜水橋ができているので道路としての役割は終えています。
橋から上流は、岩が多い急流ですが、下流は比較的流れがゆるくなっています。
沈下橋から飛び込みもできますが、おぼれないでねど~んと深いとこもあるそうです!
飛び込みはピンポイントで!!

浦越集落
山の上まで田んぼがあります。
IsatokawaMGP1758.jpg
里川集落 約2km山を上がると山里が開けてきます。
IMGP1762.jpg
集落の入口に小さな茶堂がありました。

四万十川流域には、本流と支流が交わるような高台(河岸段丘?)に小さな小川がある所に集落跡があります。
四万十町にもいくつかの遺跡があります。
石器や矢じり等が数多く見つかっています。
きっとそういう所が、四万十川流域では暮らしやすかったんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録