年中楽しめる!十川ブルーベリージャム作り体験

こいのぼりの里ブルーベリー農園

十和地区は川遊びを中心として様々な体験ができるのですが、そんなアウトドアシーズンを過ぎると野外で体験できるプログラムがやや少なくなってしまいます。

その中にはブルーベリー農園の収穫体験があり、毎年6~7月くらいには収穫が楽しめるのですが、やはりシーズンが終わってしまうとやや寂しくなります。

そんな肌寒い季節になっても楽しめる体験プログラムとして、十川にある「こいのぼりの里ブルーベリー農園事務所」では、収穫したブルーべリーを使ったジャム作りが行われています。

ブルーべりーのシーズン中だったら、収穫からジャム作りまでの一通りの工程を楽しめるのでよりお勧めですが、地産のブルーべリーの魅力を季節を問わず持ち帰ることができるのは魅力。

精製したものを持ち帰れるので、県外など遠方の方がお土産としても思い出としても満足いただけるのではないかと感じています。

出来上がりはこんな感じです。甘酸っぱさと十和の魅力がぎっしり詰まっています

今回はそんなジャム作り体験の様子をご紹介させていただきます。

皆でワイワイ作るのも良し

今回取材させていただいたのはグループで参加の素敵な女性3人組。

ジャム作りは、力を要する体験ではないものの、料理のスキル上達になるうえ、女子力を上げるのに最適なのではないかと感じます。

後で各々味比べをしたりするのも盛り上がりますね。

心を込めて作ったブルーべリージャムを誰にプレゼントするか?どんな人に喜んでもらいたいか…そんなことを考えながら作るのも楽しいでしょう。
こいのぼりの里ブルーベリー農園事務所の松元さんが分かりやすく指導してくれるので、焦げ付くこともなく美味しい地産のブルーベリージャムを仕上げることが出来ます。
仕上げに、高知ならではの“隠し味”を加えたら出来上がり…
十和といえば、“新聞ばっく”も魅力の一つです。

なかなか丈夫な「新聞ばっく」

出来上がったジャムは、この「新聞ばっく」に入れて、各々持って帰ります。


ブルーベリー 1.0 ㎏だと6瓶くらい作れます。

楽しく作れてお土産としてもお得なので、友達同士や家族で作りに来てほしいですね。

秋から冬にかけても魅力いっぱいの十和

アウトドアのピークは確かに夏季シーズンに集中していますが、秋になると山の幸も豊富に採れる四万十町。

おちゃくりCaféがいち早く目をつけた「地栗」や…

「地栗スイーツ」だけでなく「お茶とお茶関連のスイーツ」
さらに十和で捕れた地産の食材を絶品に変えてくれる“おかみさん”達がいます。

そんな十和のおかみさんが振舞うバイキングは、栄養価抜群のメニューばかり。

さらに拡張して利用しやすくなった「おかみさん市バイキング」


現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年現在はお弁当という形で販売をしていますが、また復活したときは体験プログラムやスイーツと合わせて食べに来ていただきたいものです。

お弁当はおかみさん市にて販売中。

「食」ばかりでなく、サイクリングやジップラインも人気ですので、四万十川沿いの道を楽しんでいただければ幸いです。

川沿いは景観素晴らしいサイクリングコースとなっています

四万十町 十和 自転車マップが完成しました!

体験内容紹介

ブルーベリージャム作り体験


お一人様/ 2,500円
※材料費は含みます/ブルーベリー 1.0 ㎏

受け入れ時間/9:00~17:00

場所/こいのぼりの里ブルーベリー農園事務所

アクセス方法/川遊び公園ふるさと交流センターより車で約5分

お問い合わせ先/090-3785-7166(松元)

全て予約制となっております
お気軽にお問合せ下さい


住所/四万十町十川1850

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 〒786-0013 高知県高岡郡四万十町琴平町1-1 shimanto-town.net 2013年4月に登録