現在鮎漁のピークになっている四万十町

清流が誇る四万十鮎

現在、上流淡水漁業協同組合では大きな鮎がどんどん出荷されています。

高知県四万十町は今、梅雨の時期。

こんな時期に野外で釣りを楽しんだりする人は少ないと思いきや、四万十町の淡水漁協組合の事務所には毎日夕方になると、毎日沢山の釣り人達がやってきて鮎を卸してくれます。

鮎漁が解禁ということで、たくさんの釣り人が鮎釣りを楽しんだ後鮎を持ってきてくれます。

どの鮎も大きくて輝いているという感じで「すごく大きいですね!」と漁師さんに声をかけると、「まだまだ大きくなるよ。四万十川の鮎は」と答えてくれます。

そして大きいものだと30cmを超えるもの も出てくるそうです。

とにかく大きくて美味しいと評判の鮎。

大きな鮎が獲れた時はまた写真を撮らせてもらうようお願いしてきました。

7月に入って大振りの鮎が届くようになりました

四万十鮎はふるさとチョイスからでも注文できます。画像をクリックするとぺージへ移動します

新鮮なまま梱包してお届けします

鮎と言えば清流。日本最後の清流で知られる四万十川は、その水質だけでなく「激しい流れ」でも知られています。

そんな清流に生息する苔がかなり良質らしく、それらを食べながら育つ鮎はうまみが違うといわれています。

美しい容姿と肉質の締まりの良さから「特級品」として料亭などで重宝される理由は何でしょうか?

・本流にダムがないこと。

・雨で増水しやすい四万十川は、激流で常に川底が洗われ太陽光が届くため、鮎の好物である水苔が成長しやすいこと


獲れた鮎は素早く梱包され、発送されます。

新鮮そのものを素早く届けるのです。

今回はその過程を映像に撮りまとめています。


※2分くらいの短い映像ですので、是非ご覧ください。

釣れた鮎を氷詰め(冷蔵)して、夕方に発送致します。

お客様に鮎を新鮮な状態でお届けするために、出荷前に夕方に発送先へ電話してから届ける徹底ぶり。

品物が届いたら、当日中に新鮮なままお召し上がりください。

冷凍鮎は釣ったその日に丁重に包装されます

新鮮な鮎を新鮮なまま届ける上流淡水漁業協同組合は、今出荷作業に大盛況です。

塩焼きをはじめ、鮎はバリエーション豊かなレシピが沢山あります

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 〒786-0013 高知県高岡郡四万十町琴平町1-1 shimanto-town.net 2013年4月に登録