谷干城ミュージカルに秘めた想いを

11月に行われた台地まつりでも公開されましたが、四万十町の英雄「谷干城」のミュージアムが12月23日、奥四万十博クロージングイベントでも行われました。

今回は、そんな「谷干城ミュージアム」の練習風景を取材しましたので、その模様をお伝えします。

地域の方で作り上げるミュージカルは人々の思いが詰まっている

練習は夜の19時から

この日の練習は、“通し”で確認

マイクなど音声関連はきちんとセットした状態で音響さんと確認しながら練習開始

ネタバレではないのですが、ミュージカルが12月23日ということで、次期に合った趣向を最後に取り入れたり、立ち位置の確認等、細かい部分をテコ入れしながら進めていきます。

演奏も生で行います。

拳銃や刀など小道具も充実

谷干城ミュージカルは、舞台を見て頂ければわかると思いますが、これからも地元の偉人を「多くの人に伝えていきたい」という思いが詰まっています。

ただ、シリアスなシーンがずっと続くわけではなく、唄や時代を風刺した掛け合いなど面白い趣向がミックスされていて、見ているお客さんを飽きさせません。

ずっと谷干城さんの人柄や軌跡を伝えていくのが四万十町の劇団員皆の使命…そんな気持ちが伝わる舞台です。

四万十町の人たちにとっては、谷干城さんは大偉人・スーパーヒーローなわけです。そんな彼の功績を絶やすことなく多くの人に伝えていきたいという想いがこのミュージカルを存続させています。

12月23日のファイナルイベントでは大盛況でした!

これからも谷干城さんを伝えるミュージカルは続いていきます。

皆さん是非応援よろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町の観光協会です。日々の出来事やイベントについて、情報発信していきます。楽しんでいただけると幸いです。 高知県高岡郡四万十町茂串町1-14 shimanto-town.net 2013年4月に登録